もえるおはなし
そこはかとなく書き綴る脳内ラノベ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第02話「見知らぬ家族」
 コの字になった三棟からなる大きな洋館の屋敷の、真ん中の棟の玄関から中に通された亜梨子を迎えたのは、この家の奥方、つまり父親の正妻だと思しき女性だった。見た目、母と同じくらいの三十代半ばぐらいに思える。
「よく来てくれたね、亜梨子ちゃん!」
 女性は亜梨子を手放しで歓迎するような感じで、少し拍子抜けした。自分の旦那が他の女性に産ませた子供を歓迎するなんてことは、テレビドラマとかの中ではまずありえないことだったからだ。もちろん、表面だけそう装ってるという可能性もあるのだけど。
「ああ、初対面だったわね。私は春香、あなたのお父さんの今のお嫁さんよ」
 そう名乗られても、どう返したら良いのかわからない。
「春香……おばさま?」
「そうよ、初めましてね」
 春香と名乗った女性はそう言って微笑んだ。
「うち……いえ、私は亜梨子です。よろしくお願いします」
 亜梨子はぺこりと頭を下げた。
「亜梨子ちゃん、あなたは生まれた時からこの家の子なんだから、他人行儀にする必要はないのよ。気楽になってね」
 そう言って、春香は居間へ案内した。後ろに控えていたメイドさんたちが亜梨子のところにやってきた。日本橋のメイド喫茶にでもいてそうな若いメイドさんたちだった。いや、こっちではメイド喫茶があるのは秋葉原とかいうところだったかな。
「お嬢様、お荷物をお運びします」
 亜梨子の背負ってたリュックがたいそうな荷物だと思ったのだろう。慣れない申し出に断りそびれて、亜梨子はそれを預けた。外国の空港とかによくいると聞く偽ポーターとかじゃないんだから、盗られてしまうってわけでもないだろうし。

「ずいぶん大きな荷物だけど、いったい何が入ってるの?」
 廊下を歩きながら春香に訊かれたけど、亜梨子には答えられなかった。父親の家がこんな大きなお屋敷だなんて少しも思ってなんか無かったから、それを答えるのはみっともなくて恥ずかしい気がしたからだ。
(普通の家の優しいパパだったら、連れて行ってもらおうかと思ってたんだけどなぁ)
「学校の宿題以外で足りないものがあったら何でも揃えてあげられるから、そんなに荷物は要らないと思うんだけど……」
 確かに、こんなお屋敷に住むような家だったら何でもお金で簡単に揃えてくれそうだ。でも、亜梨子がその重い荷物に少しだけ期待を持っていたのは、けっしてお金では買えないようなささやかな思い出だった。たぶん、こんな屋敷に住んでいてはわからないような……

 少し大きな居間の中は冷房が効いていて、さっきまでいた炎天下とはまるで別世界だった。部屋の一方には五十型以上はありそうな大画面テレビが設置されていて、その脇にはいくつかのAV機器が並んでいた。それとは反対側にガラステーブルとそれを取り囲むように多めのソファーが並べられていた。ソファーはテレビの正面にも置かれていて、それだけでもかなり大勢くつろげそうだった。
「連絡くれれば迎えを出したのに、洋子……お母さんから聞かなかったの? こんな日差しの中を歩いてくるなんてびっくりしたわよ」
 春香は亜梨子をテーブルに向いたソファーに座らせると、内線で何かを指示した。程なくしてさっきとは別のメイドさんがグラスに注いだオレンジジュースを運んできた。
「あなたたちは生まれ付き直射日光には弱いんだから。そうでなくても、こんな日中に二時間も道路を歩いてきたら誰だって熱中症になっておかしくはないのよ。ちゃんと気をつけなさいね」
 確かにその寸前だったかも知れないと、ストローをすすり始めた。オレンジジュースそのものはそこらの市販のものと変わらないような気がしたが、生まれてから一番美味しく感じた。
 体が欲するままに、亜梨子は自分でも驚くほどの勢いで橙色の甘酸っぱい液体を吸収していった。ちょうど飲み干したのを見届けてから春香は言った。
「ずいぶん汗もかいたでしょ。お風呂はまだだけど、シャワーで流してらっしゃい」

 そういえば汗で濡れたシャツはそのままで、冷房の効いた部屋の中では体を冷やし始めていた。おまけにその汗のにおいが自分でもはっきりわかるくらいに漂い始めていた。
 さっき亜梨子のリュックを運んでくれたメイドさんの一人が浴室に案内する。
「着替えは用意してあるからね」
 自分の着替えなら持ってきてるのだが、急かされた勢いに口を開く間がなかった。浴室には別のメイドさんがいて、亜梨子のために用意したらしい着替え一式を持っていた。亜梨子がジュースを飲んでる間に手配済みだったらしい。

 何人か分のスペースのある脱衣場は、この家の風呂が一人用ではない大きなものであることを表していた。亜梨子は銭湯はしらないけど、小学校の修学旅行で泊まった旅館の風呂場がこんな感じだったことを思い出した。用意された着替えは案の定、亜梨子が着てるような安物のカジュアル服じゃなく、さっぱりとしたデザインではあったけどそれなりにするブランド品みたいだった。
 浴室はやはり一般家庭のユニットバスなんかとは違い、温泉旅館の大浴場を小さくしたような感じのタイル張りだった。シャワーが4個並んでるところをみたら、それくらいの人数が入れそうだ。
 春香の言葉どおり、浴槽はまだ空っぽの状態だからシャワーで汗を流すしかない。コックを捻るとすぐに温かいお湯が出てきたのには感激した。自宅のガス給湯器のシャワーはお湯が温かくなるまで時間が掛かるのだ。夏場は別に良いのだけど、冬場は堪える。
 そんな感じで、機嫌よく汗を流し始めた亜梨子だったが、しばらくして不意の出来事に襲われたのだった。

 亜梨子が髪を洗ってると浴室のドアが開いて誰かが入ってくる気配を感じた。大きな風呂だから他の誰かが一緒にシャワーを浴びに入ってきても仕方が無いと思ったけど、自分は今日初めてこの家にやって来た身であるから、誰がやって来たのかは気になった。
 まさかメイドさんの誰かが「お嬢様、お背中を流しましょうか」とかいうサービスまでしてくれるとは思わなかったけど、初対面の人ならどう対応すればいいか悩みどころである。
 しかし、次の瞬間、耳に入ってきた言葉に亜梨子はパニクった。
「なんだ、満梨花か」
 聴こえてきたのは男の声だった。満梨花って何?ってこともあったが、一番重要なのはそこではない。恐る恐る亜梨子が振り返ると、1つ置いた横のシャワーに同い年ぐらいの男の子が立っていた。しかも、真っ裸で。
「う、う、ううう……」
 亜梨子は何か叫びたかったが、とっさのことで声が出ない。
「どうしたんだ? 満梨花」
 相手はこちらを向いた。少しも隠そうともしない見てはいけないものが亜梨子の視界を直撃してしまった。
「い、い、いやぁ! へんたい!」
 次の瞬間、無意識のうちに亜梨子は手にしてたシャワーのノズルを相手に向かって投げ付けていた。

スポンサーサイト

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

第01話「夏休みの始まり」
「やっぱし迎えを呼んだ方が良かったのかなぁ」
 亜梨子はそう言って天を仰いだ。そこにはギラギラと照り付ける真夏の太陽が雲ひとつ無い快晴の空で輝いていた。まだ幼さの残る彼女の年齢に似合わないませたサングラスを通して届くその光は、裸眼で見ることを思えばずいぶんと和らいだものだったが、それでも長時間見続けていれば目が潰れてしまいそうだった。
「もうくたくたで歩けへん」
 両肩に背負ったリュックには、それより大きな丸まった包みがくくりつけられていて、それに比べて小柄な彼女の体は今にも押し潰されそうな感じだった。全身から噴き出しシャツに滲んでる汗の量と、腰にくくりつけられたホルダーの空っぽのペットボトルは、彼女がもう長い間この炎天下を歩いてきたことを示していた。
「この辺のはずやけど、いったいいつまで歩けばええん?……」
 手にしたやけに簡単な手描きの地図は彼女の母親が手渡したものだった。母親は駅に着いたら先方に連絡して迎えを呼べと言ってたのだけど、彼女はそうはせずに地図を頼りに歩いてきたのだ。もとより歩くことなんか考えてないから適当にいい加減な地図だった可能性もある。
「せやけど、いったいどうゆうて迎えに来てもろたらええねん」
 うちの神経は繊細やからなぁ、と亜梨子は自分に言い訳した。
「昔の恋人やか愛人やかの娘が訪ねて来て、素直に歓迎してくれる家庭なんかあらへんやろ」
 そう、彼女の目的地は彼女の父親の家だった。

 シングルマザーの家庭で育った亜梨子は、母親のいい加減な性格もあって、父親というものの存在をとくに意識せずに育ってきた。ところが、夏休みの直前になって母親からいきなり長期休暇を父親の家で過ごすように言われたのだ。
 亜梨子の母は何の仕事をやっているのか知らないけど、しばしば外国に出掛けるとか言って留守にする。たいていは二、三日の話だし、いつもは学校もあるから亜梨子はひとりで留守番してるのだけど、今度は一ヶ月以上も空けるので、家に亜梨子だけを残していくのは心配らしい。そこで父親の家に行けってことなんだけど……
「うちにパパなんかいたなんて知らんかった」
 亜梨子はそう言って母親に毒づいた。もちろん、処女懐胎なんてあるわけないんだから生物学的に父親がいたのは確かだろう。でも、その父親は死んだにせよ生きてるにせよ、自分とは無縁の存在だと思っていた。現に今までそうだったのだから。
 もっとも、そんなことより楽しみにしていた林間学校でのキャンプや夏休み中の部活動に出れなくなることの方が問題だった。なぜなら父親の家は遥か遠くの東京にあるというのだから……

 そんなことだから彼女は事前に連絡するのを躊躇った。母親は話を通してあるというけれど、それが歓迎されるものなのか、単に厄介者を押し付けられたように思われてるのかわからない。当然、その父親には本当の妻とその子供がいて、ごく普通の家庭を築いてると考えた方がいい。自分の来訪はその家庭に傷をつけてしまう危険だってあるのだ。
 いきなり連絡を入れて迎えを呼ぶより、こっそり外から様子を伺って自分を受け入れてくれる余地があるのか確かめた方が良いかと思ったのが亜梨子なりの処世術だった。

「ネットで地図を検索して印刷してくるんやった……」
 鉄道の最寄り駅からせいぜい三十分ぐらいの場所だと思ったから、そのいい加減な地図でも間に合うだろうと思ってたのだけど、もう二時間ぐらいは歩いてる。最初からこんなに距離があると知ってたら別の手段を考えてたものなのに。
 部活で鍛えてるとはいえ、夏の日差しは自分たちにとって大敵だ。
「うち、このまま倒れたら日干しになってしまうんかなぁ」
 砂漠の真ん中でもないから、倒れても日干しになる前に誰かが見つけてくれるだろうけど、とにかく体力的に限界が近いのは確かなようだ。重い荷物を背負ったままの話だけど……

 あまり目の前の現実を直視していると余計に疲れるだけじゃないかと考えた亜梨子は、何か別のことを思い浮かべようとした。
「そうゆーたら、新幹線で京都から隣の席に乗ってきた女の子、巫女さんの格好をしてたけど何やったんやろ?」
 彼女は亜梨子と同じくらいの歳の少女だった。京都といえば神社仏閣の宝庫だから巫女さんが多くいても不思議は無い。しかし、本職の巫女さんだって電車に乗って遠出するときにあんな格好してるとは思えない。夏休みだからイベントのコスプレって線もあるけど、それだって新幹線の中でそんな格好で移動したりはしないと思う。まあ、そういう格好で出歩くのが趣味の女の子なのかも知れないけど……
「せやけど、なんか不思議な感じがする子やったなぁ」
 そんなことを思いながら歩いたが、あまり効果は無かったように疲れは蓄積した。

「さっきからえらい広い公園みたいなとこ通ってるけど、どこかに休めるところあらへんのかな」
 歩道の横の頑丈な鉄格子のフェンスの向こうには、木々の生えたただっぴろい空間が広がっていた。しかし、公園にしてはいっこうに入口らしきものが見当たらなかった。
「まさか、これが大きなお屋敷ってわけやあらへんね」
 いずれにせよ、自分には無縁のものだろうと思った。しばらく歩くと正門に近付いたのか、立木が薄れて遠くに大きな建物が見えてきた。
「うちもどうせやったら、こんな大きな家のお嬢様に生まれてきたかったわ」
 この屋敷の広大な敷地を通り過ぎるのにまだしばらく掛かると考えると、どっと疲れに襲われた。やがて正門らしきゲートのある場所に差し掛かった。ふと見上げた目に表札が目に入った。
「う、うそ……」
 そこに書かれていた苗字は母から渡された地図に書いてあるのと同じだったのだ。確かにこの大雑把な地図の場所と考えても間違いでは無いような気がする。
「そんなの聞いて無いよ……」
 自分にとってあまりに場違いな場所であるような気がして亜梨子は戸惑った。
「そうや。こないに広い家やったら住み込みの使用人かて何人もおるやろ。うちのパパはこの屋敷で働いてるだけなんや……」
 そう自分に言い聞かせて心を落ち着かせようとした亜梨子だったが、結局どうしようかと10分ばかりその場で悩みこんだ挙句、ようやくインターホンのボタンを押した。
「う……うち、綾瀬亜梨子いいます。うちのパパに会いにきたんですけど……」
 緊張のあまり、しどろもどろになりがちにそれだけ話した。応対に出た執事さんらしき男声の声はしばらく待つようにとのことだったが、しばらくして慌てたように声が帰って来た。
「すぐに迎えに参りますからお待ちください、お嬢様」
「お……お嬢様?」
 確かに男の声はそう聞こえた。それが間違いでないことはやがて黒い乗用車でやってきた執事の態度が証明した。
「お待たせしまして申し訳ありません。ご案内いたしますからお車へどうぞ、亜梨子お嬢様」
 門から屋敷の建物までは歩いて行けない距離では無かったが、そんな距離でもわざわざ車で送り迎いというところが大きなお屋敷の家らしくはあったが、そんな家に自分がお嬢様として迎え入れられようとしてるのは、亜梨子にとってこの時はまだ半信半疑で、驚きの外なかった。

 亜梨子の中一の夏休みはこうして始まった。

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

朱月の狩姫~序章~
 いい加減、ぼちぼちと書き始めることにします。
 今回の連載はタイトルに「序章」とあるように、本編の前のプロローグ編的なものですが、あるひと夏の事件を中心に、作品の世界観の説明とかも含めて書きすすめたいと思います。
 気長にお付き合いくださいませ。

テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

copyright © 2007 もえるおはなし all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。