もえるおはなし
そこはかとなく書き綴る脳内ラノベ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第05話「家族の食卓」
 ベッドの上で眠り込んでしまった亜梨子は、夕食時を告げにきたメイドさんの声で起こされた。そのまま満梨花と一緒にダイニングルームに連れられたが、すでに他のメンバーは揃ってるようだった。
 テレビとかだとお屋敷のダイニングルームには極端に細長いテーブルがあって、主人公はその一端で寂しい食事をしてることが多いけど、さすがにそんな光景は無かった。やや長めの大きなテーブルの上座に春香ともう一人男性が座っていて、テーブルの両サイドに子供たちが並んでいた。昼間見掛けた同い年の三人以外にも小学生くらいの子供が何人かいるようだ。
 亜梨子は一番上手に近い左側の席に案内されたが、その横には綾香がいた。満梨花は綾香の正面の席で、その隣、亜梨子の正面は空席だった。

「亜梨子、よく来たね」
 上座にいる男性が声を掛けた。どうやら自分の父親らしい。学校の日曜参観で見掛けるクラスメイトたちの父親に比べると少し若作りに見えたが、母親や春香と同じくらいの年齢であるのは見て取れた。満梨花が言ってたように優しいのかどうかはわからないけど、厳しい顔つきではなかった。
「私がおまえのパパの一樹だ」
 それから両サイドの子供たちを見回して言った。
「おまえたちも知っていると思うが、今まで別に育ってきた兄弟の亜梨子だ。今日からこの家の一員として迎えることになった。簡単ながら今日の夕食は亜梨子の歓迎の宴として用意した。十分に祝福して迎え入れて欲しい」
 そうは言ったが、テーブルの上には空の皿とフォークやスプーンのような食器が並んでいるだけだった。やはりお金持ちの家は夕食もコース料理みたいに順番に運ばれてくるのだろうか。入ってきた時には気付かなかったが、部屋の入口付近にはメイドさんや執事さんが控えていた。
「その前に、亜梨子に家族を紹介しておこう。隣にいるのが私の妻の春香だ。この家にいる間は母親同様だと思ってほしい」
 春香は微笑んで会釈したので、亜梨子も釣られて会釈し返した。
 次に一樹の視線は亜梨子の正面の空席に向かった。
「長女の佳澄だが、事情があって今は別居している。週末はいることが多いから、その時にでも紹介しよう」
 高校か大学で寮にでも入ってるのかなと亜梨子は思った。
「次女はおまえだ」
 一樹は亜梨子に向き直った。
「ここにいる他の兄弟たちはみんなおまえの弟や妹たちにあたる。そのつもりで接してやってほしい」
 亜梨子はビクッとした。兄弟がいると知ったのも最近なのに、いきなり多くの弟や妹たちのお姉さんだって言われたって……
「三女は満梨花。知っての通り、おまえとは双子の妹だ」
 満梨花は軽く手を振っていた。そして一樹の視線は亜梨子の隣に移った。
「四女の綾香だ。綾香には兄弟のまとめ役をしてもらってる。おまえの妹ではあるが、ちゃんということは聞いてやってくれ」
 やっぱり委員長タイプなんだと亜梨子は心の中で苦笑した。
「五女の弘美、それから次男の浩樹だ」
 次男?……亜梨子は引っ掛かった。長男はどうしたんだろ? 長女のように不在だとかいう話も無かったし、他に空席も無い。ずっと前に亡くなったとかいうことなんだろうか。
「綾香とこの二人は三つ子で、おまえと同じ学年だから、話題も合うだろう」
 綾香もそうだったけど、弘美も浩樹も素っ気無かった。弘美はともかく浩樹には腹が立っていたので、こっそりアッカンベーをしてやった。浩樹は怒って何か言い返そうとしたみたいだったが、隣の綾香に押し止められていたようだった。この三人とは何か付き合いにくそうな気がした。
「六女の夏美と七女の秋菜、二人は小学校四年生だ」
 二つしか違わないと言え、小さな妹たち二人は亜梨子の方を恐る恐る覗き込みながら会釈した。浩樹にしたアッカンベーを見てびびったんだろうか。亜梨子は慌てて二人に微笑み返した。
 それにしても、この二人も双子だろうか。何か双子とか三つ子の確率が高そうな家系だと思った。
「最後に三男の冬樹、三年生だ」
 末っ子の小さな弟は二人の姉以上に脅えてるようだった。単に人見知りが激しいだけかもしれないけど。
 兄弟が一巡したところで一樹は使用人からメイドさんと執事さんそれぞれ一人を呼び寄せた。
「当家の執事長の二階堂と、メイド長の八千草さんだ。二人には住み込みで働いてもらっている」
 二人は亜梨子に向かって深々と会釈した。執事長は亜梨子を門まで車で迎えに来た人だった。父親よりは年上の男性だが、初老というよりはまだまだ熟年という感じの歳に見える。メイド長の方は恰幅の良い中年のおばさんって感じで、メイドというよりも家政婦といった方が似合ってる感じだった。
「私や春香がいない時に困ったことがあったら、この二人に相談するがいい。主に日常生活に関係することは八千草さん、その他の家のことについては二階堂だ。他にも使用人はいるが、日替わりのパートやアルバイトが多くて、それぞれ担当の仕事もあるから、簡単な頼みごと以外はこの二人を通すようにしてほしい」
 アニメとか見てると金持ちのお嬢様には専属のメイドさんとか執事さんとかいたりするけど、やっぱりそんなのは物語の中だけの話なんだろうかと亜梨子は思った。

 一通り紹介が終わると、料理が運ばれてきた。とは言っても、レストランのコース料理のようにスープから順番に食べるのに合わせて運ばれてくるとかいうんじゃなくて、スープやサラダからメインディッシュのステーキ、そして皿に盛られたライスまで一度に運ばれてきた。他にオードブルの大皿がいくつか。控えていたメイドさんや執事さんたちも給仕役の二人を残して姿を消した。庶民の御馳走に毛が生えたくらいだと感じたけど、そんなとこが現実なのかもしれない。
 なんか隣で綾香を初め、周囲からマナーのチェックでもされてる気がして食べ始めるのに勇気が要った。いい加減なママだけど、テーブルマナーぐらいは教えてもらってるんだと気負ったのは良いけど、そっちに意識が集中して料理の味はよくわからなかった。
 ステーキは肉の種類とか産地とかはわからないけど、何回かファミレスで食べたことのあるものよりずっと分厚くて、柔らかかった。こんなお肉、毎日食べられたらなあとか思ったけど、卑しいと思われるかもしれないので声には出さなかった。
 食卓の光景は静かだった。まるっきり沈黙ってわけではなかったが、隣同士でこそこそと話してる他は、声を上げて会話したりはしないようだった。亜梨子も母親が仕事のときは一人で夕食をとることも多いけど、一緒のときは何かと会話があるものなのにとか思った。
「後で呼びにやるから、私の部屋に来なさい」
 食事を終えて席を立つときに父親が言った。

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007 もえるおはなし all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。